具体美術とは?ここ近年、国内外で注目を浴びているというか
再評価というか?もう50年も前に活動していた作家達の評価が
現代美術の評価の高まりのなかでようやく高い評価を得てきたのだ。
その創設者や先駆者である吉原治郎や白髪一雄は近年、オークションに
おいても高い評価・価格を出し続けている。

具体美術協会とは1958年 吉原治郎のもとに糾合した関西の若手の前衛作家たちによって
結成された。
以下はウィキペディアの具体美術協会の記述より

近代絵画を継承するのではなく、断絶した表現を挑発する「人の真似をするな。今までにないものをつくれ」
という吉原の指導のもと、若い作家たちは炎天下の芦屋公園の松林を舞台とした野外展「真夏の太陽にいどむ野外モダンアート実験展」
やデパートの屋上でのアドバルーン展など、斬新な作品の発表をつづけざまに行った。やがて具体はフランスの批評家
ミシェル・タピエによって「アンフォルメルの日本における一例」として広く海外へ紹介され、高く評価されるようになった。

 


白髪一雄 無題
紙に油彩
36.5 × 28.5 サイン有 額有
コンディションは大体良好
2.800.000円(税込)

白髪一雄 略歴

兵庫県尼崎市西本町に生まれる。生家は呉服商。
尼崎市立第三小学校(現尼崎市立明城小学校)に入学。その後、
新設された尼崎市立竹谷小学校に編入して卒業。
兵庫県立尼崎中学校(現兵庫県立尼崎高等学校)の在学時に絵画部に入部
京都市絵画専門学校(現京都市立芸術大学)日本画科を卒業後、油絵に転向。
大阪市立美術研究所に学ぶ。

1952年、金山明、村上三郎、田中敦子らと0会結成
また、同年に結成された現代美術懇談会に参加。

1955年、具体美術協会に参加。

1971年、比叡山延暦寺で得度。

1999年、文部大臣から地域文化功労者を表彰。

2001年、「白髪一雄展 “アクション・ペインター”の代表作展」(兵庫県立近代美術館)が開催

2008年4月8日、敗血症のため死去。83歳没。

白髪一雄作品の査定はこちらから

A.C.N ART AUCTION TOKYO
SALE100 10月セール

SALE100 記念セール
Modern & Contemporary&Decorative art
2017年 10月28日(土曜日)開催 午後1時〜

開催場所
東京 東日本橋
東京都中央区立産業会館 2F展示室
東京都中央区東日本橋2-22-4
下見会 上記会場にて開催

2017年10月26日(木) 午前10:00〜午後6:00
2017年10月27日(金) 午前10:00〜午後7:00
2017年10月28日(土) 午前10:00〜正午