Archive List for 4月 2017

ベルナール・ビュッフェ 「ダリア」他

美術雑記

ベルナール・ビュッフェは、私がこの業界に入った1989年のバブル 全盛期に高騰した作家の一人だった。油彩・版画とも瞬く間に 値段が上がっていった。その当時、版画のNYシリーズは100万から200万の 値段がオークションで・・・

星襄一 王の樹 その他版画集「樹」より

美術雑記

個人的に好きなアーチストを聞かれれば、一番に出てくるのは星襄一 という版画家である。 特に版画集「樹」に掲載されている樹木をモティーフにした木版作品は、 複数枚刷る版画ではあるが、一枚一枚に使われ、施された金箔の状態や原・・・

ディエゴ・ジャコメティ 猫の給仕長

美術雑記

2006年の3月に思い出深い出品作が出た。写真の猫が皿を持ったブロンズである。 ディエゴ・ジャコメティの「猫の給仕長」という ブロンズ作品である。 ジャコメッティといえば、すぐに思い浮かべるのが 針金のような人物「歩く男・・・

To the top