ベルナール・ビュッフェは、私がこの業界に入った1989年のバブル
全盛期に高騰した作家の一人だった。油彩・版画とも瞬く間に
値段が上がっていった。その当時、版画のNYシリーズは100万から200万の
値段がオークションでついた。そう,今の草間彌生の絵画のように
そしてバブルは崩壊、急激に値段は下がったものの、ビュッフェは
人気があり、その後も企画展、来日展が催され、バブルの分は弾けたが
ある一定の値段で売買され続けた。

1999年10月4日、突然の訃報が聞こえてきた、ビュッフェの死亡の知らせだ、
それも自殺、20世紀最後の巨匠が20世紀とともに去って行った。

それから18年後の今はどうか。残念ながら版画に関して、特にモノクロの
のドライポイントが,初期の作品にもかかわらず、価格が付かない、リトグラフも
やや苦戦している。一方、油彩・水彩は2010年頃から再評価が始まり、2016年には
バブル以来の高値を更新し高騰した。逆に言うと、ビュッフェのリトグラフ・
ドライポイントの秀作は今が買い時であるともいえる。


2017年4月27日(木)開催の
第94回A.C.N.ART AUCTIONにビュッフェ
の紙油彩他の作品「ダリア」が出品
版画にもなった花の図の1点です。

 

 

 

 

 

A.C.N. ART AUCTION TOKYO
SALE94 4月セール

Modern & Contemporary&Decorative art
2017年 4月27日(木曜日) 午後1時からセール開始

開催場所

東京 東日本橋 中央区立産業会館 2F展示室
東京都中央区東日本橋2-22-4

下見会 上記会場にて開催

2017年4月25日(火) 午後2:00〜午後6:00
2017年4月26日(水) 午前10:00〜午後7:00
2017年4月27日(木) 午前10:00〜正午


ベルナール・ビュッフェ

1928年 フランス、パリに生まれる。
1943年 パリ国立美術学校に入学ナルボンヌに師事彗星のように登場。
1947年 初個展でその鬼才を認められアンデパンダン展、サロン・ドートンヌに出品。
1948年 第一回クリティック賞とジュンヌ・パンチュール賞を受賞。版画を始めたのもこの頃。
1952年 連作銅版画「マルドロールの詩」を発表。石版画第一作発表。
1962年、初の連作アルバム「パリ・シリーズ」を発表。
1963年、日本の国立近代美術館で回顧展を開催。
1965年、カラーリトグラフのアルバム「ニューヨーク」を発表。
1966年には「サンフランシスコ」「押し花」を発表。
1971年、レジオン・ドヌール勲章を受章。
1974年、アカデミー・フランセーズ会員に任ぜられる。

1979年、連作カラーリトグラフ「サントロペ」を発表。アンナベルとの結婚。
20周年記念に「花シリーズ」を発表。
1987年「ヴェニス」シリーズを発表。
1992年、パリの専属画廊、モーリス・ガルニエと契約を解消。
1999年、晩年にはパーキンソン病を患い、71歳で自らの命を絶った。