創作版画は弊社が力を入れている分野だ。特に木版画は以前 星襄一を
取り上げたように、力を入れている。
今回は、斎藤清に注目していきたい。代表作は会津をテーマにした
会津の冬のシリーズやその他 会津の秋 鶴ヶ城 のシリーズなどが知られている。
もちろんその他の京都/奈良/鎌倉などの名所、果ては巴里風景などの風景版画も手がけている。毛色の変わった作品は「凝視」などの題名のつく複数の猫たちを描いた版画は風景画と違う斎藤清の版画家としての表現力をすごく感じる。

さて、今回2017年6月29日(木)開催のSALE96には猫では無く、珍しい犬の版画が
出品されている。

斎藤清
仲間達A

1973年 斎藤清版画集/講談社641 木版 38 × 53 下部マージンに画題と年記有
・ed. 48/80 版上に自筆サイン有 額有 マージンに薄いヤケ有
その他コンディションは大体良好

150.000/250.000円

ちなみに同じ題名の仲間達Bは猫がモチーフでこの作品の対となる人気作品だ。

A.C.N ART AUCTION TOKYO
SALE96 6月セール

Modern & Contemporary&Decorative art
2017年 6月29日(木曜日)開催 午後1時〜

開催場所
東京 東日本橋
東京都中央区立産業会館 2F展示室
東京都中央区東日本橋2-22-4
下見会 上記会場にて開催
2017年6月27日(火) 午後2:00〜午後6:00
2017年6月28日(水) 午前10:00〜午後7:00
2017年6月29日(水) 午前10:00〜正午

斎藤清略歴

  • 1932年 白日会展に油彩画《高円寺風景》を出品、初入選。
  • 1933年 東光会展で入選。
  • 1935年 国画会展で初入選。
  • 1936年 日本版画協会展に木版画《少女》を出品、初入選。
  • 1937年 国画会展版画部門で初入選。
  • 1944年 朝日新聞社に入社。
  • 1948年 サロン・ド・プランタン展で1等賞。
  • 1951年 第1回サンパウロ・ビエンナーレに《凝視(花)》を出品、在聖日本人賞受賞。
  • 1954年 朝日新聞社を退社。
  • 1956年 アメリカ合衆国国務省、アジア文化財団の要請でアメリカやメキシコ各地で版画の指導を行なう。
  • 1957年 リュブリャナ国際版画ビエンナーレ、アジア・アフリカ諸国国際美術展で受賞。
  • 1964年 ハワイ大学より招待を受ける。
  • 1969年 カナダ・グレータービクトリア美術館、アメリカ・サンディエゴ美術館で個展開催。
  • 1976年 福島県の県外在住者知事表彰。柳津町名誉町民となる。
  • 1981年 勲四等瑞宝章
  • 1995年 文化功労者。
  • 1997年 福島県柳津町にやないづ町立斎藤清美術館が完成。11月14日死去

斎藤清の査定はこちらへ