Archive List for 美術雑記

白髪一雄 無題

美術雑記

具体美術とは?ここ近年、国内外で注目を浴びているというか 再評価というか?もう50年も前に活動していた作家達の評価が 現代美術の評価の高まりのなかでようやく高い評価を得てきたのだ。 その創設者や先駆者である吉原治郎や白髪・・・

小磯良平 白川女

美術雑記

小磯良平は私の故郷 兵庫の阪神地区・特に神戸にゆかりの深い日本画壇の 巨匠だ。人物のデッサンは特に素晴らしい。特に有名なのがバレリーナを の画題とした作品で人気がある。 2017年10月28日開催の弊社 100回記念セー・・・

ルイ・イカール 再び

美術雑記

今、弊社ではSALE99/100に向けて作品を募集いたしております。今、ACNでの注目はイカール の作品。現在 シャボン玉/リリー/タイース/シンフォニー イン ブルー/1987 などがSALE99に出品予定  ・・・

北大路魯山人「阿ふぎ 鉢」「双魚絵平鉢」

美術雑記

魯山人のイメージは私たちの世代ではマンガの美味しんぼに出てくる主人公の父、海原雄山とかさなる、というより、美味しんぼの作者は魯山人を念頭においてキャラクターを作りあげている。肩書きは、篆刻家・画家・陶芸家・書道家・漆芸家・・・

マルク・シャガール ソルリエ版

美術雑記

20世紀の巨匠、愛と幻想の作家マルクシャガールはオリジナルの版画も多数制作した。カタログレゾネを みてもリトグラフで1000点以上 その他 挿画本・銅版画などを入れると2000種題の作品を残している。 その他にオリジナル・・・

ルイ・イカール

美術雑記

ルイ・イカールは20世紀初頭のアールデコの代表的作家だ。1920年〜30代の家の中から社会へ進出したアールデコの女性たちを生き生きと描く作家である。特に版画作品は数多く制作され、弊社オークションでも「リリー」「オーキッド・・・

創作版画/新版画について

美術雑記

前回、斎藤清を創作版画として取り上げた,ついでに創作版画について考えたい。 創作版画/新版画とは何か?日本は江戸期に浮世絵版画という世界に誇る版画作品 藝術を創り出した。その伝統に西洋文明の影響も受けつつ、明治30年以後・・・

斎藤清「仲間達」 ほか

美術雑記

創作版画は弊社が力を入れている分野だ。特に木版画は以前 星襄一を 取り上げたように、力を入れている。 今回は、斎藤清に注目していきたい。代表作は会津をテーマにした 会津の冬のシリーズやその他 会津の秋 鶴ヶ城 のシリーズ・・・

To the top