エー・シー・エヌ株式会社(Art Composer Network Ltd.)(以下主催者)がA.C.N. オークションの名称で主催する美術品の競売(オークション)は全て本規約に基づいて行われます。
全ての参加者は本規約を承認し、本規約に従わなければなりません。
但し、主催者との間で特別な合意がなされた場合は、主催者とその合意をした参加者との間ではその合意が優先します。

第1条 競売(オークション)
第2条 競売対象品(作品)
第3条 購買(落札)
第4条 売却委託(出品)
第5条 保証
第6条 雑則

第1条 競売
1.A.C.N. オークション
主催者は一般の業者及び愛好家により、所蔵資産の委託を受け、これらの人々の参加のもとに委託資産の競売を行います。
2.参加資格/公開の原則
A.C.N. オークションは公開のオークションであり、その参加には、登録料の支払いなど予め所定の契約を主催者と取り交わし手続きを済ませた方はオークションに売り手あるいは買い手としてどなたでも参加することができます。但し、主催者の自由裁量によって所定の手続きを経てもオークションへの入場及び参加を拒否することがあります。
3.競売の方法
競売はオークショナー(競売人)の自由裁量の下に会場参加者は当日受付にて交付されるパドルを提示することにより、書面およびネットよりの買受申出者はその書面に記入する買受申出金額の範囲内において、電話買受申出者は電話聴取者を通じてそれぞれの買受申出意思をオークショナーに示すことによって行われます。最高価格提示者が、その提示する金額が売却委託者が主催者と事前に取り決めた最低売却希望価格(リザーブ価格)を超えた場合において、オークショナーがその最高価格提示者を競売品落札者として認定した段階で、ハンマーを打ち降ろすことによって当該作品の落札者を決定します。落札者は当社から要請があった場合、落札後に当社所定の落札確認書に署名・捺印して頂くことがあります。落札されたロットの落札価格と落札者をめぐり紛争が生じた場合は、当社の記録のみにより裁定するものとします。
主催者はオークション当日に何らかの事由によって入場できない参加希望者の便益に供するため書面・ネット・電話による買受注文も受け付けます。電話入札に関しては、当社のエスティメートが成り行き以外のロットに対し、エスティメート下限価格以上での入札意思がある場合は、会場と直接結ばれた電話を通じて入札に参加することが可能です。当社担当係員の人数、電話回線に限りがありますので、事前に電話等で当社にご連絡の上、郵送またはFaxにて必要事項が記載された電話入札依頼書をお送りください。
いずれの委託入札の場合も、諸々の事情によって結果的に参加希望者の意思がオークションに反映されなくても主催者は、そのことに対しては一切の責任を負いません。
4. オークショナーの自由裁量(権限)
第1条第3項のオークショナー(競売人)の自由裁量とは、オークション会場におけるオークション運営について以下の権限を保有し、かつ自己の
自由な裁量に基づきオークションを進行いたします。
※ スタート価格や競り価格の幅について、出品作品の価値から判断して、妥当と思われる独自の判断で決定できます。
※ 同額の委託入札者が2名以上いた場合の落札者を決定することができます。
※ スタート価格はリザーブを保証するものではなく、競り上がりの途中でも落札者をその場で決定するか、または引き上げて再度のオークションに
付すかの決定をすることができます。
※ 落札者や落札価格等についての紛争が生じた場合は、それを裁定することができ、関係者は全てその裁定に従わなければなりません。
※ 入札価格の如何を問わず、入札を拒否する権利を保有します。
※ 複数のロットを統合したり、一つのロットを分割したりすることができます。
※ その他オークション進行中の全ての裁量の権限を有します。
5.競売手数料
主催者は特別な取り決めがない場合手数料を下記の通り定め、定められた期限の会間に、競売品委託者との間では競売品売却代金の支払い金より差し引く方法で、競落品購買者との間ではその購入代金支払い時に加算して支払って頂く方法で決済していただきます。

競売品委託者 落札価格が10万まで15% 10万以上は10%
競売品購買者 落札価格が50万円までは15% 落札価格が50万円を超えた場合は50万円までの15%に 50万円を超えた部分の10%を加えた金額
6.消費税
決済時に手数料に個別消費税が賦課される場合は、その税率が加算されます。
7.落札予想価格の提示
主催者は参加者の参考に供するため、主催者の裁量によって各作品の落札予想価格を表示しますが、これは実際の落札価格を保証するものではありません。
第2条 競売対象品
1.A.C.N. オークションが扱う競売品
原則として、市場的価値が存在すると推定できる水準にある油絵、水彩、素描、版画等の絵画及び彫刻、古美術、近代・現代美術工芸、宝飾、時計、その他主催者が競売に付すにふさわしいと判断した商品。
2.出品審査
競売を希望される資産は主催者の定める各規約に基づいて審査を経るものとする。
第3条 購買
1.落札購入代金の支払い
支払いは全て円貨にておこない主催者と特別な取り決めのない限り競落購入代金を競落日より10日以内(初日算入。土、日曜日、祭日を含む。決済日が土、日、祭日の場合はその前日)に現金、銀行振込にてお支払いください。但し、銀行振込の場合、上記10日間に現金化するための日数を含むものとします。競落品購入代金とは落札価格に競売手数料及びこの手数料に対する個別消費税が加算されたものとします。
銀行・口座番号 :三菱東京UFJ銀行 日本橋中央支店 普通 0018520
口座名 エー・シー・エヌ株式会社
2.競落品の引き渡し
競落品は主催者に対する競落品購入代金支払い済みを確認した後、主催者の指定する運送業者による運送料金受取人払いにより発送いたします。
当社にて作品を引き取り希望の場合には、必ず所定の用紙にその旨をオークション当日までにお申し出ください。
尚、発送における当該競落品の滅失、毀損等の危険について主催者は一切の責任を負いませんので競落品購買者の判断により保険を付保願います。
3.売買契約の成立及び危険負担
競売人のハンマーが打ち降ろされた時点で競売品購買者と主催者との間に当該作品に関する売買契約が成立します。その時点より主催者の責に帰さな
い当該競落品の滅失、毀損等の一切の危険は競落品購買者の負担とします。
4.所有者の移転
競落品購買者より競落品購入代金の支払いが完了した時点で当該作品の所有権は競落品購買者に移転します。
5.債務不履行
競落品購買者が特別の取り決めのない限り、本規約に定めた義務の一つでも履行しない場合、主催者は5日間の期限を定めて催告の上、売買契約を解除することができ、またこの場合に解除に関わる損害及び経費の一切を競落品購買者は主催者に支払わなければなりません。
この場合、主催者は競落品購買者のカタログ購読期間を抹消し一切の主催者との関わりを拒否することができます。
第4条 売却委託
1.委託者
主催者に対し、競売品の売却を委託する方は、売却する当該美術品の所有者であり、かつ予め所定の契約を主催者と取り交わした方に限ります。但し、所有者から売却代理権を与えられた方も含みます。
2.競売委託品、氏名の不公表、出品作品の定義
競売委託品の範囲については、第2条1項(A.C.N. オークションが扱う美術品)によるものとします。
主催者は、同意のない限り、競売委託者又は競売品所有者、競売品購入者の氏名、名称を公表いたしません。
委託者は、第三者のいかなる権利もなく、落札者に完全に所有権を移転できる出品作品の完全な所有者であるか、完全な所有者から法的に全権を委任された代理人であることが必要です。もし、出品作品に対しての第三者のどのような権利であれ、それを隠蔽して出品した場合、委託者は主催者または落札者に対してそのことの結果によって生じたいかなる経費や出費についても補償しなければなりませんし、主催者および落札者は法的手段を講じる権利を保有します。
3.競売委託品の送付
競売委託者は、競売委託品を当該委託者の費用と危険の負担において主催者の指定する場所に送付するものとします。出品作品の作家名、作品名、サイズ、サインの有無、技法、制作年、保存状態、レゾネ番号、来歴、付属物その他の情報について、当社に対して知っている限りの真実を伝えなければなりません。主催者は売主から伝達された情報に意図的な虚偽があり、それをオークション前に発見した場合は、委託された作品を一方的に返却してオークション出品を取りやめる権利を有します。また、主催者による通常の事前調査では発見不可能な上記情報に関する真実、欠陥、瑕疵等が隠蔽されたまま出品作品がカタログに掲載され、落札された場合は、主催者または落札者は売買契約を破棄し、当該ロットを返却するだけでなく、そのことによって生じたいかなる損害についても請求する権利を保有します。
4. 出品の取り消し
委託者は定められた売買委託契約の最終合意日以降の出品取消しはできません。ただし、やむを得ざる事由により出品取消しの場合は、出品作品1点につき、予想落札価格の下限が20万円未満または成り行き表示の作品については一律2万円、20万円以上の作品については予想落札価格下限額の10%を申し受けます。
5.受託後解約
主催者は、受託後であっても、競売に不適当とみなした場合は主催者の自由な裁量によって何時でも受託を取り消すことができ、この場合競売委託者に対して委託者の費用と危険の負担において受託した競売品を返還することができます。
6.最低売却希望価格(リザーブ価格)
競売品委託者は、競売委託品に対して最低売却希望価格を明示することができ主催者との合意に基づいて売買委託契約書に記載されるべき最低売却希望価格を決定することができます。その場合主催者は特別の理由のない限り、当該価格を下回る価格で売却することはできません。
7.売却の通知
主催者は受託した競売委託品が売却された場合、遅滞なくその旨を競売委託者に通知するものとします。
8.代金の支払い
主催者は特別の取り決めのない限り、売却後15日以内に売却代金より、競売手数料及び競売手数料に対する個別消費税及び前渡金等がある場合には、その金額を差し引いた残額を円貨にて競売委託者に支払うものとします。但し、当該競売品の購買者よりの決済が遅延した場合には、特別の取り決めの有無に関わらず、主催者はこの決済が確認できるまで競売品委託者に対する支払いを延期できるものとします。この遅延について競売品委託者は主催者に金利その他を請求することはできません。また競売委託品の購買者が債務不履行の場合、競売は不成立となります。
9.クレームの処理
競売委託品につき、その売却前乃至売却後、購買者または他の第三者からクレームの申し立てがなされた場合、競売品委託者は主催側が求める資料を提出し、その他主催者の要請に応じてクレームの調査、処理に積極的に協力しなければなりません。
10.競売品委託の取り消し及び最低売却希望価格の変更
競売委託者は、売却委託契約後においては、原則として競売委託契約(出品契約)を解約することはできません。また最低売却希望価格の変更はできません。
第5条 保証
1.保証
主催者はオークションに出品されている作者について、その真実性を1年間保証いたします。但し、予想落札価格が「成行き」と表記されている作品又は落札予想価格の後尾に★と表示されている作品については、その限りではありません。
2.クレームの申し立て
(1)競売品の落札日より1年以内に、当該落札品の原購買者は、当該作品の作者の真実性について主催者にクレームを申し入れることができます。その場合原購買者は、クレームが主催者に到達した日から15日以内(初日算入)に当該作品を主催者に引き渡さなければなりません。この場合、主催者に引き渡すまでの一切の費用と危険は原購買者が負担します。
主催者は当該作品の受領後直ちに調査を行いますが、主催者がそのクレームの諾否を決するについては、当該作品受領後6ヶ月間の猶予期間が与えられるものとします。クレーム申し立て人(落札品原購入者)は主催者の調査に協力するものとします。
(2)主催者がクレームを認める場合、クレームの対象となった当該美術品を競売当時の状態で引き取って買い取り、代価として受領済みの代金をクレーム申し立て人(落札品原購買者)に返還することによりこれを解決します。
但し、この場合、落札品原購買者が当該美術品の完全な所有権(他人物ではなく、かつ担保権等が設定されていないこと)を有していなければならず、また主催者が原購買者に返還すべき代金は当該美術品の競売時の正味落札価格(ハンマープライス)とし、いかなる理由によろうともクレーム申し立て人等は主催者に対して利息、得べかりし利益、慰謝料、その他の直接、間接に被った損害を請求することはできません。
3.以上の保証も次の条件では有効性を持ちません。
オークションカタログに掲載された作家が、その競売当時において専門美術研究者間又は専門美術商間において真の作家であると認識されていた場合。
オークションカタログに掲載された時点より以後、その作者に対する見解等が専門美術商団体の鑑定委員会や、所定鑑定人、専門美術研究者、または当社が指定する美術商団体等の流通制度の取り決めによって変更された場合。又、「成行き」表記以外でも古美術・出品時点で所定の鑑定人又は鑑定機関が公に特定されていない場合。
4.出品作品の解説及び状態
オークションカタログに掲載された写真や表示された作品の説明解説等もしくは作品に付された証明書等、作品の状態等の一切の情報は、あくまでも参加者の参考のために記述、掲載されたものであり、主催者は、これらの誤りや齟齬についての一切の責任を負いません。作品は、あくまで現状有姿のままを原則としますので、購買希望者は下見会等を通じて自らの判断と責任でお買い上げください。
第6条 雑則
1.規約の変更
主催者は予告なく本規約の変更をすることができます。その場合、主催者は競売日当日までに、口頭または書面ないし変更告知書の掲示によって、その旨を告知いたします。
2.不可抗力
(1)本規約の全ての事項に基づく債務、又は本規約に関連して締結される個別的な合意によって主催者が負担する全ての債務について、法律の規定、政府の定める規定乃至指示、天災、その他主催者の関与し得ない理由により、その履行が不能となった場合乃至その履行が遅滞した場合は、主催者はその責任を負いません。
(2)主催者は、上記不可抗力事由が発生した場合、遅滞なく委託者にその旨を通知するものとします。
3.盗品、遺失物
落札品の引き渡し前に、当該品について正当な所有者から盗品、遺失物としての返還請求が為された場合、当社は直ちに売買契約を解除することができます。落札者からの代金の受領が済んでいる場合には、当該品落札代金を無利息にて返還するものとする。またこの場合落札者は損害賠償を請求することはできません。
4.譲渡禁止等
本規約に関して発生する主催者に対する一切の債権、地位は譲渡することができず、かつ、担保に供することもできません。
5.準拠法
本規約および本規約に関連して締結される全ての契約の準拠法は日本法、債権債務の決済は全て日本円貨により行います。
6.合意管轄
本規約、オークションおよび本規約にいて基づき締結される全ての契約に関する紛争については、東京地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。
入札者が自分でオークションに出席し、または代理人を出席させ、または書面あるいは電話で入札に参加したか否かを問いません。以上